アロベビー【葉酸】をはじめママ&赤ちゃんのために厳選したおすすめ

アロベビーは乳児湿疹に逆効果!?合う合わないが別れる理由

アロベビーは乳児湿疹に逆効果!?合う合わないが別れる理由

児湿疹に悩まされる赤ちゃんも多いですね。乳児湿疹ができてしまうとまず、皮膚科へ行こうと思われるママも多いはずです。

 

そこで、「アロベビーミルクローション」が乳児湿疹が綺麗になったという声がたくさんあるのはご存知でしょうか。

 

まず最初に「アロベビーミルクローション」は赤ちゃんに合えばとても素晴らしい商品です。しかしながら、少数の赤ちゃんには合わないのも事実です。

 

乳児湿疹に効果的なものはあるの?

 

生後3ヶ月ころまてまでは皮脂の分泌量が多いことが原因で「新生児ニキビ」とも言われています。

 

早いと生後1〜2週間ごろからでき始めてしまう赤ちゃんもいます。だいたい6ヶ月ころまでには治ると言われていますが、その間、赤くなってしまった肌を見るとかわいそうになってしまいますよね。ほとんどのママが何とかしてあげたいと思う気持ちはわかります。

 

1日でも早く綺麗にしてあげたい気持ちでいっぱいですね。

 

でも、何を使ったらいいの?皮膚科や小児科に行って診てもらった方がいいの?と悩んでしまいますよね。

 

皮膚科のステロイドは効くの?

 

私たちママでも、皮膚の炎症が起きた場合まず皮膚科に行こう!という考えがあるように、赤ちゃんの乳児湿疹も皮膚科で診てもらうおうと考えることは普通のことです。

 

そして、皮膚科で出させれる薬では有名な「ステロイド」です。最近では「ステロイド」は危険という情報が出回っていますが、はたしてそれは真実と言えるのでしょうか。

 

ステロイドにも作用の弱いものから強いものまで何十種類かあるんです。

 

赤ちゃんの皮膚はまだ弱いため、比較的作用の弱いステロイドを処方されると思います。

 

そして、顔に使うものは強力なステロイドは使われないようです。

 

ステロイドは長く使うことはおすすめしません。ステロイドを使ったらすぐによくなったという声は沢山ありますが、乳児湿疹の場合よくなっても、使うのを止めたらまた繰り返したということも珍しくありません。

 

ですから、ステロイドは短期間で治すことには向いているが、長期的に使うのには不向きとも言えます。

 

※ステロイドを使用の際は、専門の医師とご相談の上正しくご使用ください。

 

長期的に使うならアロベビーミルクローション

 

 

 

赤ちゃんに長く使うものなら安心なものが理想ですよね。

 

「アロベビーミルクローション」は天然由来成分、純国産オーガニックだから新生児から安心して使えます。ただこのローションの売りは「高保湿」ですが、乳児湿疹は皮脂の分泌が原因なのに保湿?と思われるかと思います。

 

実は、乳児湿疹には「保湿」が大事なんです。生後3ヶ月をすぎる頃から乾燥した肌へなっていくのです。夏場でも赤ちゃんの肌は乾燥しています。ですから、通年を通して赤ちゃんには保湿はとても大事なんです。

 

「アロベビーミルクローション」は保湿に欠かせない、ホホバオイル、シア脂配合だから高保湿なローションなんです。

 

そしてもちろん、無添加でできています。



赤ちゃんの保湿を考えたアロベビーミルクローション

合う合わないがある

 

中には、乳児湿疹の赤ちゃんに使ったら乳児湿疹が悪化したというケースがあります。

 

また、赤く腫れたり、湿疹ができてしまったなど、ミルクローションを使って肌が荒れてしまったというママの声もありました。

 

【関連記事】
アロベビーミルクローションは危険?

 

全ての商品に言えることですが、肌質はみんな違い、合う合わないがあることは普通のことです。私たち大人でも、この化粧品は合わなかっ、という経験はありませんか?

 

特に赤ちゃんの肌はデリケートです。はじめて使うものに反応してしまうこともあります。全ての赤ちゃんに合うとは言いきれないのが事実です。

 

ミルクローションの中に入っている、成分のな何かが合わなくて、はだ荒れを引き起こすこともじゅうぶん有り得ます。

 

それを、「乳児湿疹には逆効果だった」としているのだと思います。

 

実際、乳児湿疹が数日でキレイになったという口コミもたくさんありました。

 

アロベビーを乳児湿疹に使ったママの声

 

 

生後2ヶ月の子が乳児湿疹が出ていたので、ミルクローションを塗ってみると次の日にはモチモチのお肌になりました。

 

1ヶ月の娘の乳児湿疹が酷く、安くはないものなので悩んでいたのですが、期待をして購入!1週間で見違えるほどきれいになりました。信じてよかったです。

 

生後1ヶ月ころから、湿疹とカサカサになり、手持ちのクリームを塗ってあげたのですが効果がなく、こちらを購入して使ってみたら2日後にはつるつるすべすべのお肌に感動しました。

 

乳児湿疹が生後2週間にして出てしまい、慌ててこちらを購入しました。塗った翌日には赤みが収まり、1週間たったころにはきれいになりました。

 

最初は半信半疑でしたが、乳児湿疹の赤ちゃんに使ったところすぐに効果がでました。買って正解でした!

 

赤ちゃんの肌は大人に比べて薄いため、刺激が強すぎてしまったことで肌荒れを起こしてしまうこともあります。そこで、使用する前には必ずパッチテストを行うようにしてください。

 

刺激が強すぎてしまったことで合わなかった赤ちゃんもいますが、肌が綺麗になってきたと喜んでるママもいますので、乳児湿疹に悩んでいるのであれば一度試してみてもいいかもしれません。

 

使って見て、合えば通年を通して赤ちゃんに保湿ができます。赤ちゃんに塗ってあげた後、ママの手もしっとりしますよ。

 

赤ちゃんに使える優しいものなで、ママの保湿剤としても使えますし、家族で使えるのも嬉しいですね。

 

成分が気になる方は

 

水、グリセリン、オレンジ果実水*、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、オリーブ油*、シア脂*、ヒドロキシステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ホホバ種子油*、ツボクサエキス、イタドリ根エキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー油*、ローズマリー油*、ラベンダー花水*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キサンタンガム、トコフェロール、ヒマワリ種子油、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、ステアロイル乳酸Na、BG、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸(*印はオーガニック栽培原料)

 

乳児湿疹が長引く場合に考えられること

 

乳児湿疹がなかなかよくならない場合に考えられるのが「アトピー性皮膚炎」です。

 

保湿してもよくならない場合、ステロイドを使ってもよくならない場合などは専門医にみてもらいましょう。

 

ステロイドはアトピー性皮膚炎には効果はないようです。

 

まだ弱い赤ちゃんの肌ケアをしてあげられるのはママです。いくら良いものを使っても、肌が改善されなければ使っていても意味はなくなってしまいます。少しでもおかしいなと、思うようなことがあれば自己判断はせず信頼のおける医師に相談しましょう。

 

まとめ

 

ほとんどの赤ちゃんに現れる「乳児湿疹」ですが、正しいお手入れをすることで改善されます。肌の弱い赤ちゃんには使うものにこだわってあげたいですね。

 

ママが安心できるものを選んでケアをしてあげましょう。

 



 

【芸能人愛用者多数】アロベビー 国産オーガニックベビーローション

トップへ戻る